アラサーのあらさがし

ブログは続かないタイプです。溢れすぎたときに書きます。

Sexy Zoneが地上波で冠番組をするにあたって足りないもの

こんなタイトルつけておいて早速レギュラー始まったら笑うのですが(もちろん嬉しい)

「セクゾが地上波で冠番組をするにあたって足りないものってなんだろう…?」問題。

 

これだけファンも求めていて

更には本人たちも事あるごとに冠番組を持ちたいと言っていて

 

なぜ実現しないのか???

 

このブログでは干されているとか干されていないとかは散々言ってきたので、セクゾが周りの大人たちに愛されている前提で進めます。

 

そもそもSexy Zone Channelという怪しい名前の冠番組はCS放送であったわけですが(通称セクチャン)、

1年で幕を閉じ、と言うか幕を閉じたのかもわからないままフェードアウト

 

ついにはダイジェスト版がベストアルバムの特典映像と言う扱い。

 

なんでしょう、これ、フジ・サンケイグループの大人たちが本人たちとファンの声を拾ってあげる形で捻り出した5周年のお祝い??苦肉の策??なのかな〜?とか。

むしろ「おいおいそれでいいのか?」と思ってしまいました。

 

魅力を伝えるツールがあるのは大切ですが特典映像ではファンが配らない限り陽の目を見ないのでそもそも根本的な解決策ではないじゃないですか……

(私みたいな放送終了後にファンになった新規にとっては嬉しい限りですが!)

 

そこで、セクゾの魅力を地上波冠番組で伝えるにあたり、現状の足りないことは何かを偉そうに考えてみました。

 

 

【俺たちの番組感】

素を出すことで魅力が伝わるってそんなに簡単なことではないですよね。

合コンなんかその良い例だと思います(は?)

 

偽ったキラキラ女子の自分で売り込めばいずれボロが出るし、かと言ってありのままの自分でアイドルの話をしたら門前払されるのではないか!?とか考えてしまう訳です。

 

素を出して人に愛されるって果てしない気がしてしまいます。(闇)

 

でもつまりは、合コンで全てかっさらっていく女子って、素を出しているだけでなく、その場を自分の場所にしてしまうってことだと思うんです。

 

だから偽りのキラキラ女子は使い捨てられますが、ありのままのぶっ飛んだ姿を出したアイドルはいつでもそこが中心になりません???

 

ところがセクゾの場合はゲストで出ると合コン仕様のどこにでもいるキラキラ女子寄りになってしまう!!!いや、例え話の合コンの状況考えれば全てかっさらっていく女子は簡単なことじゃないってわかるけど(?)

正に借りてきた猫状態!!!!いい子すぎる!!!!!遠慮しすぎる!!!!!!

弄りにくい!!!褒めるしかなくなるよ!!!!!つまらん!!!

 

だってどうせどうしたって何をしたって育ちの良さは隠せないし、好青年でしかないし、そのギャップこそが入り口ですから別に無理して変なことをしてほしいとか、体を張ってほしいわけでもない!!!

 

ただただ、元々のエンターテイナーとしてのポテンシャルが発揮されていないように感じるんです!!

 

発言の一つにしても、

クレイジーかつクレバーなこと言える子たちなのに、クレバー要素が勝ってて物足りないのですよ!!!!

 ※「クレイジーでクレバー」と言ってみたかった

 

で、そのクレイジーかつクレバーが実現していたのが正にセクチャンですよね

「なんだこのキラキラお顔の整った子たちの自由すぎるぶっ飛び様は!?!?!?」

という衝撃で一気に沼に埋められる訳です。

 

でもそれは、5人の雰囲気をよく理解した演出家の方が最適な距離感で自由にできるゆる〜い空気を作り出してくれたからこその賜物ではないかと…!!!

(ワダさんいなかったら成立しない感じが凄まじい)

 

つまり大好評だったセクチャンだって大人たちがセッティングした場所に収まっていたのではないかと!!!

 

だからこそこの強烈な個性は、

 

・ゲストの時でも

・先輩がいても

・助っ人がいなくても

 

大人たちが用意した企画をこなすのではなく、自分たちだけで完結するくらい、自分たちの番組なんだって思い切り良く前に出るくらいやって初めて魅力が発揮さるわけだし、そうすれば自ずと各局も起用したいと思えるのではないのかな!!

 

まぁすぐ助っ人ゲストが来るのは大人たちが過保護すぎるというか心配しすぎと言うか、むしろそんな状況にセクゾの愛され力を感じますが(は?)

 

今は都合よく呼ばれているんだろうなーって思います。

 

例えばですけど、ゲーム企画で何かとルール無視して許されたり、おねだりすれば大人たちが孫を愛でるようにもう一回を与えちゃうんですから、そう言う駄々っ子ポジション(?)狙ったらどうですかね???

 

5人が努力しているのを知っているからこそ先輩たちも弄りやすいのでは!?!?

他のゲストも普段のお行儀の良さを知れば余計に愛でたくなるのでは!?!?!?

 

大人たちも「最近の若いやつはなんだ!」とか言いながら可愛がってくれますよきっと!

 

で、そもそもなんでこのタイミングでブログ書こうかと思ったのかと言うと、

正直、「冠番組やりたい」もそうだけど、度々聞く「もっと売れていると思ってた」って…他人事かな!?!?って。

それ本人たちが言っちゃダメだから!!それSexy Zoneに関わる大人たちとかファンのセリフだから!!!

「そんなこと言っているようじゃ、今のままじゃ難しいでしょ???」って思うのね!?

 

常々思うけど、経験不足なのはチャンスを与えなかった大人たちが悪いと言うよりも、

大人たちは悔しいと思うなら喰らい付いてきてほしいくらいの願いがあったのではないかな????

 

つまり他人事じゃなくて当事者意識…!!!!!

大人たちの用意した番組じゃなくて俺たちの番組!!!!

 

なんだよ!!

どこの「ゆとり/さとり世代の教育に悩む人事」だよ!!!!!

 

 

 

 

【ファンの拡散力】

これ!!!正直いちばん言いたいのはこっちです!!!これ!!

 

セクゾの魅力が出し切れていない!!と言う話はファンになったここ1年弱の間でも5人でバラエティーによく出るようになったりして平均的に楽しく見れるようになっている気がしているし、要はみんな大人になるこれからの場慣れだと思うんで!!!!

もう少し貪欲になってこのままいけば「ここまでは曝け出していいんだ!」のラインが明確になると思うんです!!!!!(甘い)

 

で、本題に入りますと、

今まで散々偏見の塊みたいな感じでジャニーズがなぜ強いかの話をしてきたんですけど…(過去記事参照)

ジャニーズさんと圧力と時々ライジングのお話 - アラサーのあらさがし

ライジング歴20年から一言「おい待てジャニーズすごいから!!!!」 - アラサーのあらさがし

 

ジャニーズを起用すれば話題になる

ジャニーズを起用すればモノが売れる

ジャニーズを起用すれば視聴率が上がる

 

この構図がずっと続いていたからこそジャニーズが強いのに、

このジャニーズをSexy Zoneに置き換えたところで説得力が!!!ない!!!!!

 

もうね、これは何よりも、一つ目の「話題性」です。

企業から見たら「反響」の部分ですね!!!

これ!!まずこれが何よりも大切な入り口!!

 

本当にね…毎月でも毎週でも毎日でもなんでもハガキやメールを送っている方々には敬意しかないのですが……

もっと気軽にできることもある!!!

 

SNSが普及している昨今ではファンの拡散力がモノを言うんですよまじで!!!!

 

例えばTwitter

セクガルの皆さんは「リツイート」よりも「いいね」の方が圧倒的に付きやすい気がします

 

個人の上げた動画とか画像なんかは置いておいて、企業の公式アカウントがSexy Zoneを取り上げた場合なんかは「いいね」はもちろん、何よりも「リツイート」!!!

そして「リツイート」した後はその件に関して何かしらコメントをツイート!!!

できれば「商品名」を加えてツイート!!!!!!

 

「いいね」の数よりも圧倒的に「リツイート」の方が拡散されたことの実数として重宝されます!!!ファンにどれくらい浸透しているのかわかりやすいしこれから知れ渡っていく期待も持てます。

 

そして「いいね」だと何か感想をつぶやいても把握できませんが、リツイートなら追えますッ

企業の公式アカウントの中の人、案外ちゃんとRTしたひとのツイートを辿っているものです。仕事ですから。

 

何なら個人でやったら究極に嫌がられる「引用リツイート」だって有効かも!?!?!?

 

そうして、企業の人が思わず「セクシーゾーンって人気あるんだなー」「さすがジャニーズだなー」と言ってしまう脳みそにするんです!!!

 

「うちの新商品 or 新番組、どうにかこうにか何とかならないかなー」ってなった時に

 

Sexy Zoneを起用すればモノが売れる、かもしれない?

Sexy Zoneを起用すれば視聴率が上がる、かもしれない?

 

ってなるかもしれない!!!!

 

 

その後は、

大人のセクガルはお金を出し、

ピチピチのセクガルは門限守ってお家でテレビを見て、

 

また感想をリアルタイムに発信していけばいい!!!!

 

そうしたら、近い将来、

 

Sexy Zoneを起用すれば話題になる
Sexy Zoneを起用すればモノが売れる
Sexy Zoneを起用すれば視聴率が上がる

 

冠番組はもちろんドラマもバラエティーも音楽番組も映画もCMも雑誌の表紙も引っ張りだこ!

そんな世界がやって来るのではないかと思っております!!!!

 

 

と言うわけで、

5周年を機に思うところを残してみました。

5年後は笑い話になっていますように。

 

 

Sexy Zone

5周年おめでとう!!!!!

がんばろう6年目!!!!!